平和のトーラスを作ろう

指先の一点から発生した力が、お互いの体を通してループ状に伝わっている状態で、平和のトーラスが完成します。

トーラスについてのブログを始めました。

ようやくトーラスについてのブログを、スピーカーから分離しました。
やはり、この前の音展で、スピーカーに興味のある人と、トーラスに興味がある人は別の人種だということが判明したのでした。


スピーカーの話をしていて、実はこのスピーカーはトーラス構造です、と言った途端に、席を立って行っていった人がいましたからね。きっと「あ、このスピーカーはオカルトだ、」と思ったのでしょうね。


しかしですよ、実はこの世の中は全てオカルトなのですよ。科学自体がかなり怪しいのです。様々なオカルトの中でまあ、一本スジが通っていて存在しているのが今の科学でしょうが、さてさて、それまでどれほど右へ左へ動いてきたのか?を考えたら、結構盲信すると危ないですよ。


現在のスピーカーがそうです。
なぜボックスに設置しないと音が大きくならないのか?について、明確に説明している人がどれだけ居ますか?


現在のダイナミックスピーカーは大変素晴らしい性能を持っているのですが、その理由はどれほどの人が理解できているのかは疑問です。


その一番いい例は、ボックスに入れる理由が、スピーカーの前と後ろから出る音が打ち消しあう、という話なのですが、それはあり得ません。打ち消しあうのは+と+がぶつかるわけですが、スピーカーの前と後ろは+とーですから、打ち消しあうのではなく引き合っています。


ということで、スピーカーの話はここまでで、これからは、トーラスは本当に世界中に満ち溢れている、という事を考えて見たいと思います。


そこで、トーラス遊びを考えてみました。
トーラスを作ってみませんか?


平和のトーラスの利用方法


相手の存在を認め、自分も理解してもらう、という事を象徴するのが平和のトーラスを作る事です。


色々な場面で利用してみましょう。

  1. 恋人や友達、親子どうしの挨拶で。
  2. 結婚式の誓いとして。
  3. 各種施設のオリエンテーション、リハビリ、ボケ防止、余興で。
  4. ワールドカップやオリンピックでサッカーで勝った時に渋谷の交差点で。フィーバーで盛り上がるため。
  5. 各種ダンス、の振りに加えて、ダンスの注目度を上げる。
  6. ハチ公前広場で、誰とでも自由にトーラスをつくれるフリートーラス運動(フリーハグ風に)を展開する。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。